Tags

Related Posts

Share This

NHK クローズアップ現代+ 「変容するテロリスト像 ~追跡・ISリクルート網~」 20161114

dailymotion動画

NHK クローズアップ現代+ 「変容するテロリスト像 ~追跡・ISリクルート網~」 20161114

動画サイト: dailymotion.com

公開日: 2016-11-14 07:08:47

動画URL:

番組詳細: 詳細

クローズアップ現代+「変容するテロリスト像~追跡・ISリクルート網~」[字]
11/14 22:00~22:25 [NHK総合・東京(Ch.1)]
クローズアップ現代+[字]
11/15 22:00~22:25 [NHK総合・東京(Ch.1)]
クローズアップ現代+[字]
11/16 22:00~22:25 [NHK総合・東京(Ch.1)]
クローズアップ現代+[字]
11/17 22:00~22:25 [NHK総合・東京(Ch.1)]

『クローズアップ現代+』(クローズアップげんだいぷらす、英語: Today’s Close-up)は、1993年4月5日からNHKで放送されているニュース・報道番組。2016年3月17日までは『クローズアップ現代』の番組名で放送されていた。月曜日 – 木曜日の放送でNHK総合テレビジョンとNHKワ 第22回放送文化基金賞(個人・グループ部門)(国谷裕子と「クローズアップ現代」番組制作スタッフ)(1996年) 放送ウーマン賞 ’97(1998年) 第50回菊池寛賞(国谷裕子と「クローズアップ現代」制作スタッフ)(2002年) 日本記者クラブ賞(2011年) 第53回ギャラクシー賞 特別賞(「クローズアップ現代」のキャスターとしての功績に対して)(2016年) 「さわやか自然百景 大雪山系 トムラウシ山」NHK総合テレビ『さわやか自然百景』、2001年8月12日放送 『クローズアップ現代 “夏山の惨事”はなぜ起きた (No.2771)』NHK総合テレビ『クローズアップ現代』、2009年7月23日放送 『トムラウシ山遭難はなぜ起きたのか』 山と溪谷社、2010年7月。ISBN なでしこたち(2012年8月22日 NHK BS1)「中国に“東京カワイイ”ファッションを」 NEWS23X(2012年9月24日 TBS) 北京生中継 ゲスト&VTR クローズアップ現代(2013年1月22日 NHK)「冷え込む日中‘草の根’交流の挑戦」VTR 朝まで生テレビ!(2013年4月27日 テレビ朝日)「激論!ネット世代が日本を変える 『若きサムライたちへ』(PHP研究所, 2001年) 過去の主なスタジオ出演番組 2011年9月27日 NHK総合テレビ クローズアップ現代 『“コーチ”をつける社長たち』 2012年9月13日 NHK総合テレビ クローズアップ現代 『どう叱る? どうほめる?‐変わる社内コミュニケーション‐』 2012年9月29日 テレビ朝日 明(日曜深夜)の『ミッドナイトチャンネル』枠で放送されることがある。 2016年4月から月曜から木曜の同時間で放送されていた『クローズアップ現代』が『クローズアップ現代+』に改題し、放送時間も22:00 – 22:25枠に変更したため、月曜から木曜の19:30以降の編成が、火曜から木曜は土曜と同じ19:30 青森ねぶた祭り」は、BSプレミアムとサイマル放送(NHK青森放送局ホームページ及びあっぷるワイドから)。 ^ 18時のNHKニュース・あっぷるワイド・NHKニュース7・クローズアップ現代・番組スポット・19時58分の気象情報・NHK歌謡コンサート「あふれる愛歌に込めて」・NHKニュースあおもり845 ^ BS1と同時放送。 ^ 番があったために放送せず。BShiの定時ニュースのサイマル放送の最終は31日正午のニュース。 ^ 一例として、かつて「クローズアップ現代」が19:30開始時代に「クローズアップ現代、今夜は7時32分から」のアナウンスや文字表示がされていた。 ^ 平成8年9月26日付け東奥日報朝刊1面「(橋本龍太郎 2016年3月限りでNHKを退職し、国立成育医療研究センターが運営する医療型短期滞在施設“もみじの家”のハウスマネージャーに就任した。転身のきっかけは、『クローズアップ現代』にて病気児童とその家族の医療ケア問題を取り上げた放送回を自身が担当してから、「医療的なケアを必要とする子どもと家族の支援をしたい」と考えるようになったからだという。 山崎豊子展 ~不屈の取材、情熱の作家人生~ 髙島屋公式サイト ^ 大村彦次郎『文壇うたかた物語』(筑摩書房、1995年)p.132 ^ “小説に命を刻んだ 〜山崎豊子 最期の日々〜”. クローズアップ現代. NHK. 2013年11月19日放送. クローズアップ現代 小説に命を刻んで~山崎豊子 最期の日々~